金利(年利)とは


金利とは、お金を借りたり、貸したりするときにつく「利子」のことです。

この金利が低ければ低いほど、お金を借りたときに返す額が少なくてすみます。

金利の中でも年刊単位で計算するものを「年利」、月単位で計算するものを「月利」と呼びます。

例えば、年利18%をうたっている業者で100万円を借りると1年後には、18%の利子がつき、118万を返さなければなりません。

長期的にお金を返していこうと考えている場合、この年利が数%違うだけで返済額に大きな差がでてきますので、より低金利なところで借りた方がラクになります。

大手の消費者金融と比較しても、学生専門のローン会社は、低金利に設定されています。



[0] TOP