「ヤミ金」の見分け方


「ヤミ金」は、「闇金融業者」を略したものです。

現在、法律でお金を貸し付けたときに発生する利子の額には上限が決まっています。

「ヤミ金」は、この年利2以上の利息で貸付けを行っている違法業者のことを指します。

ヤミ金を見分ける方法には、「登録番号をみる」というものが挙げられます。

学生ローンのようなお金を貸し付ける会社を行うには、国からの認可が必要です。

認可を受けた業者には、

【○○財務局長(△)00****号】

【○○県知事(△)00****号】

のような、番号が割り当てられます。

ここで注目してほしいのは(△)の部分です。この△には数字が入るのですが、この数字は三年毎の更新回数が入ります。

ヤミ金は1〜2年で営業を廃止し、再び新しい名前で営業を開始するため、(1)となっていることが多いので注意が必要なのです。

まして登録がないものは間違いなくヤミ金と疑っていいでしょう。

最近では、この登録番号をウソの記載をするヤミ金も存在しますので、少しでも怪しいと感じたら金融庁のデータベースで確認をしてみることをオススメします。


[0] TOP